サプリメント選び 薬剤師の目

あなたが何か目的があってサプリを購入しようとしたとしましょう。

先ず、手にとったサプリの表示をご覧ください。

サプリメントはJAS法に則って原材料名を表示しなければなりません。
また、原材料に占める重量の割合の多い順に記載されなければなりません。
何が最初の方に記載されているかによってその製品の品質を判断することがある程度できます。 添加物ばかりが上位を占めるようでは考え物です。只、成分によっては極少量しか必要のないものもありますので、これはあくまでもひとつの判断材料です。
JAS法とは正式には「農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律」といいます。 この法律は、飲食料品等が一定の品質や特別な生産方法で作られていることを保証する「JAS規格制度(任意の制度)」と、 原材料、原産地など品質に関する一定の表示を義務付ける「品質表示基準制度」からなっています。

原材料名の表示のほかに栄養表示があります。
栄養表示については、「健康増進法」という法律に表示する際の基準や方法(栄養表示基準)が定められています。

健康食品には保健機能食品とそれ以外のいわゆる健康食品とが含まれます。
「保健機能食品」は、「トクホ(特定保健用食品)」と、「栄養機能食品」に分類されます。
トクホも栄養機能食品も、一般の食品では表示することのできない「特定の保健の効果」や「栄養成分の機能」等を表示することができ、 自分に合った食品を選択するための情報を得ることができます。
現在、健康の維持増進等を助ける働きをするように思わせる食品が多く流通していますが、保健の効果を表示できるのは「トクホ」だけ、 栄養成分の機能を表示できるのは「栄養機能食品」だけです。
食品は医薬品とは異なります。利用する人が、食品と医薬品の役割の違いやそれぞれの食品の制度をきちんと理解して使用することが必要です。

栄養機能食品とは、高齢化や不規則な生活により1日に必要な栄養成分をとれない場合など、 栄養成分の補給を主な目的として摂取する人に対して、その栄養成分の機能の表示をしている食品です(マークはありません)。
食事から必要な栄養素を十分とることができない場合の補助として利用するものだということを理解した上で、使用するようにしましょう。
栄養機能食品は、トクホと同じ「保健機能食品」という制度に位置づけられていますが、 トクホとは違い、個別に消費者庁長官の許可を受けている食品ではありません。 国が定めた栄養成分の規格基準に一つでも適合していれば製造業者等が各々の責任で「栄養機能食品」と表示し、 その栄養成分の機能の表示することができるというものです。

「栄養機能食品」と表示してあっても、すべての栄養成分がバランスよくとれるわけではありません。 「その商品で、どの栄養成分がどれだけ補給できるのか?」まず、表示をよく確認して選ぶようにしましょう。

もしあなたが医薬品を服用している場合はサプリメントを摂取する前にかかりつけの医師や薬剤師に相談しましょう。
医薬品と健康食品を併用する場合、相互作用などにより、思わぬ健康被害が発生する場合があります。 処方された薬の効果を弱めたり、逆に強めたりと悪影響を与える可能性があります。

例えば
心臓や血管の病気のある人で、血液が固まりやすい状態になることがあります。 それを防ぐために、ワーファリンという血液を固まりにくくするお薬を使うことがあります。 ビタミンKは、出血した時に血液を凝固させて止血に働きますが、 ワーファリンはビタミンKの合成を妨げることによって血液を固まりにくくする薬です。 クロレラという健康食品がありますが、クロレラに含まれているビタミンKがワーファリンの効き目を打ち消してしまうため  ワーファリンを服用中の方はクロレラを飲用してはいけません。

あなたがすでにサプリメントを摂取している場合も注意しましょう。 重複する成分や特定の成分について、過剰に摂取した場合や食べ合わせなどの結果、思わぬ健康被害が発生する危険性があります。 多種多量を摂れば健康になるわけではありません。何が必要かをきちんと判断して摂取しましょう。 もし、判断に迷った場合は薬剤師に相談して下さい。薬剤師はあなたの身近な健康アドバイザーです。

サプリメントを上手に活用してより健康的で活き活きとした毎日を過ごしましょう!

カテゴリ


会員ログイン

カートの中を見る

ショップインフォメーション

ファーマシーズサプリは、確かなエビデンス(科学的根拠)に基づき薬剤師が厳選したサプリメントを、自信を持ってご提供しております。
サプリメントの品質、飲まれる方の体質、飲んでおられる薬との相互作用、過剰摂取の問題などお伝えすることの必要性を感じ、調剤薬局の薬剤師によるサプリメント通販専門店です。