コエンザイムQ10 60粒入×3個セット

販売価格:11,340円(税込)

購入数:

※処方せん薬、OTC薬、その他サプリメントを服用・飲用されている方は、飲み合わせをお調べいたしますので、お気軽にお問い合わせ、ご相談下さい。

※キーワード入力キャンペーン・まとめ買い割り引きキャンペーンをご利用のお客様には、表示金額とは別にあらためて値引きの金額をメールにてお知らせ致しますので予めご了承下さい。

「コエンザイムQ10 3個セット」通常の10%OFFで購入できます!

コエンザイムQ10単品の購入はこちら

1粒中に50mgのコエンザイムQ10と高配合。また、吸収がよくなるよう、余分な成分を排除した純正コエンザイムQ10サプリメントです。

ここが特徴です!

1カプセル中にコエンザイムQ10を50mg含有。安全な発酵法で精製されたコエンザイムQ10のみを使用しています。


余分な成分は一切排除した純正コエンザイムQ10サプリメントです。吸収性を高めるためにオリーブオイルを配合し、ソフトカプセルを使用しています。


医薬品と同レベルの工場ライン(健康補助食品GMP工場)で製造し、万全の衛生管理に努めています。


こんな方にお勧めです!

朝の目覚めが辛い方に

溜まった疲れが取れない方に

肩こりでお悩みの方に

冷え性でお悩みの方に

美肌を心掛けている方に

ダイエット中の方に

コエンザイムQ10とは?

体内で合成される成分

美容や健康維持で話題になっているコエンザイムQ10ですが、コエンザイムQ10はもともとわたしたちの体内で合成されている物質です。人間が生きていく為にはエネルギーが必要です。体内では細胞の中のミトコンドリアと呼ばれる小器官によってエネルギーが作り出されていす。1957年、ミトコンドリアの中にはこれがないとうまくエネルギーが生産できないというオレンジ色の物質が発見されました。それがコエンザイムQ10です。

年とともに減少

多くの臓器のコエンザイムQ10濃度は20代をピークに減少していきます。もっとも重要な臓器である心臓では、40代で30%、80代で50%以上のコエンザイムQ10が失われます。これは大変な問題です。この数字だけを見て、コエンザイムQ10と老化を結び付けるにはいきませんが、老化とコエンザイムQ10には密接な関係があるのではないかと考えられています。

補うためには?

わたしたちは食物から、コエンザイムQ10を摂取していますが、その量は1日せいぜい5〜10ミリグラムと言われています。加齢により不足した分を食事だけから補給するのは困難です。もし、1日100mg必要ならば、毎日イワシ20匹あるいは牛肉を3kgあるいはブロッコリーを12kg食べなくてはなりません。とうてい無理です。食事だけで補うことは難しいため、サプリメントによる補給が大変効果的といえます。

召し上がり方

1日あたり2粒を目安に水またはぬるま湯などと共にお召し上がり下さい。

■原材料
エキストラバージンオリーブオイル、コーンスターチ、グリセリン、コエンザイムQ10、カラギナン、ミツロウ、ビタミンE、カラメル色素、リン酸水素二Na、レシチン
■栄養成分1粒中(被包材含む)
エネルギー:2.75kcal/たんぱく質:0.0g/脂質:0.24g/炭水化物:0.074g/ナトリウム:1.67mg/ビタミンE:5.0mg

Q&A

生きる為のエネルギーって何?
ヒトはエネルギーとしてATP(アデノシン三リン酸)を使って生きています。このATPを体の中で作り出すときにコエンザイムQ10が補酵素として働いています。

私たちが生きて活動を行うにはエネルギーが欠かせません。運動はもちろん、呼吸をする、睡眠を取るなどの無意識の行為にもエネルギーが必要なのです。これらのエネルギーは体内の細胞の中のミトコンドリアという小器官で作られています。 私たちの体は、約60兆個の細胞からできています。ミトコンドリアは、このすべての細胞にあり、各細胞が活動するためのエネルギーを作り出すことから、発電所にもたとえられます。
エネルギーの原料になるのは主に、三大栄養素と言われる糖質、脂質、たんぱく質で、腸から吸収したこれらの栄養素を肝臓や脂肪細胞にためこみ、必要に応じて全身に送り出しているのです。
ミトコンドリアは、袋状の外膜で覆われていて、その内側に内膜をもっています。
内膜の内側をマトリックスと呼び、ここには小さな顆粒がたくさん付いていて、この顆粒内にATP(アデノシン三リン酸)を作り出す回路があります。この回路をTCA回路(クエン酸回路、クレーブスの回路などとも呼ばれる)と言い、ATP産生の大部分はここで行われています。
ミトコンドリアで作られたATPは細胞内のすべての活動に必要なエネルギー源となります。たとえば、筋肉を動かすときには筋肉細胞(繊維)の一つひとつの収縮にATPが必要ですし、心臓が1回ドクンと収縮するときにも大きなエネルギーが必要なのです。
ATP(アデノシン三リン酸)は、その名の通りリン酸を3つもっていて、このうちの1つが外れるときに大きなエネルギーを発生するのです。

ATP ⇒ ADP + Pi (エネルギー発生)

ミトコンドリアで作られたATP私たちが生きて活動を行うにはエネルギーが欠かせません。運動はもちろん、呼吸をする、睡眠を取るなどの無意識の行為にもエネルギーが必要なのです。これらのエネルギーは体内の細胞の中のミトコンドリアという小器官で作られています。 私たちの体は、約60兆個の細胞からできています。ミトコンドリアは、このすべての細胞にあり、各細胞が活動するためのエネルギーを作り出すことから、発電所にもたとえられます。
エネルギーの原料になるのは主に、三大栄養素と言われる糖質、脂質、たんぱく質で、腸から吸収したこれらの栄養素を肝臓や脂肪細胞にためこみ、必要に応じて全身に送り出しているのです。
ミトコンドリアは、袋状の外膜で覆われていて、その内側に内膜をもっています。
内膜の内側をマトリックスと呼び、ここには小さな顆粒がたくさん付いていて、この顆粒内にATP(アデノシン三リン酸)を作り出す回路があります。この回路をTCA回路(クエン酸回路、クレーブスの回路などとも呼ばれる)と言い、ATP産生の大部分はここで行われています。
 ミトコンドリアで作られたATPは細胞内のすべての活動に必要なエネルギー源となります。たとえば、筋肉を動かすときには筋肉細胞(繊維)の一つひとつの収縮にATPが必要ですし、心臓が1回ドクンと収縮するときにも大きなエネルギーが必要なのです。
ATP(アデノシン三リン酸)はは、細胞内の必要な場所でATP分解酵素によってリン酸がはずされ、活動に必要なエネルギーを発生します。
どこででもエネルギーを発生できる便利な形であるため、「エネルギーの通貨」と呼ばれているのです。
また、TCA回路でATPを産生する原料となるのは、主に糖質や脂質ですが、これらの原料を効率的にATPに変換するために、ビタミンB群や、コエンザイムQ10、α-リポ酸、L-カルニチンなどの補酵素が必要となります。

添加物の目的は?
ビタミンE(大豆由来) → 酸化防止
コーンスターチ、カラギナン → ソフトカプセルの主原料
(コーンスターチはトウモロコシ由来、カラギナンは海草由来の原料)
グリセリン → ソフトカプセルの形状の安定のため
(グリセリンはパーム・ヤシ由来の原料)
大豆レシチン、ミツロウ → カプセル内容物の分離防止
カラメル色素 → カプセル内容物の遮光のため
リン酸水素二Na → pHの調整のため

カテゴリ


会員ログイン

カートの中を見る

ショップインフォメーション

ファーマシーズサプリは、確かなエビデンス(科学的根拠)に基づき薬剤師が厳選したサプリメントを、自信を持ってご提供しております。
サプリメントの品質、飲まれる方の体質、飲んでおられる薬との相互作用、過剰摂取の問題などお伝えすることの必要性を感じ、調剤薬局の薬剤師によるサプリメント通販専門店です。